吹き出物、大人ニキビにはオロナインH軟膏を使ってみて。お手軽ナイトケア

薬のボトルイラスト健康

こんにちはmonakaです。口周りに吹き出物が時々できます。放っておくと1週間以上荒れ続けるニキビですが、この方法でケアすれば1,2日程度で痛みが取れ、3,4日でかなり良くなります。

必要なモノ

  • 洗顔料
  • タオル
  • オロナインH軟膏
  • 絆創膏

洗顔料は石けんが良いかも。液体だといろいろ成分入ってますからね。タオルはハンカチでもティッシュでも。清潔であれば何でも良いです。

オロナインは安くて良いですよね。ちょっとしたけがにも。ケチらずばんばん使えます。

ここで使う絆創膏は安いもので全然かまいません。水に濡らしませんし、外出するわけでもないですし。ニキビとオロナインを覆えれば何でも良いのです。

お手当の方法

  1. 洗顔します。
  2. タオルで優しく水気を拭き取ります。
  3. オロナインH軟膏をニキビ患部にのせます。
  4. 薬を覆うように絆創膏を貼ります。
  5. 寝ます。
  6. 翌朝、絆創膏を剥がし洗顔します。

どうでしょう。患部の赤み、腫れ、痛みが減っているはずです。簡単ですよね。さすがにたった1日でキレイさっぱり治った!ということはないのですが、確実に治りは早くなるはずです。

特に重要な点は洗顔で患部を清潔にすることと、絆創膏で薬ごとしっかり覆うことです。

洗っておかないと、薬と皮膚の間に余計な汚れが残っていることになりますからね。薬が100%の効果を発揮できるよう余計な皮脂汚れなどは落とすに限ります。

オロナインH軟膏の公式ホームページには

「ニキビ、吹出物には、オロナインH軟膏を少量かるくすりこんでください」

とありますが、これだけでは服や布団にこすれてお薬がとれてしまいます。また、患部が露出するため服や布団にこすれる刺激でにきびの炎症が悪化してしまうのです。オロナインH軟膏を塗り絆創膏で覆う。これで患部に薬を塗った状態をキープできます。余計な刺激からも患部を守れます。もちろん、なかなか顔に絆創膏貼って外は歩けないと思うので、日中はオロナインH軟膏を軽くすり込む方法で良いと思いますよ。

洗顔後、乾燥が気になる場合は少し化粧水つけても良いと思います。乳液までつけると絆創膏が剥がれてしまうかもしれません。ご注意ください。それと、絆創膏のテープでお肌が荒れてしまう敏感肌の方には残念ながらおすすめできません…。

ニキビの状態にもいろいろあるよね

自分の感覚では、この方法は白ニキビには効きません。白ニキビの時は洗顔のみで悪化を防ぐようにしています。

吹き出物が気になって、つい潰してしまった時(この後高確率で腫れて悪化します)やニキビが赤く腫れて爆ぜた時は良く効くと感じております。

効果があるときは1晩で「効いたー!」となるはずなので、「微妙…」な時は他のお薬を試すか、皮膚科さんにかかってくださいね~。

まとめ

ちなみにオロナインH軟膏の有効成分はクロルヘキシジングルコン酸塩というもの。殺菌消毒の効果がある成分です。抗生物質ではありません。

オロナインH軟膏はお安く手に入りますし、常備薬としている方も多いのでは。寝ている間にケアできるとても簡単な方法ですので、皮膚科受診のその前に、にきびの対応策の一つとしてお試しいただければと思います。

そうそう、口に入るととてもまずいので絆創膏からあふれるほど塗りすぎないようご注意ください。