子供が喜ぶ!大人も楽しめる!三嶋大社で会える生き物まとめ。

観光

こんにちはmonakaです。

三嶋大社で会える生き物を紹介します。

鳩(昼間限定)

午前中~昼過ぎくらいまでは境内に鳩がたくさんいます。日が暮れるといなくなってしまいます。人慣れしていて、かなり近づいても逃げません。追いかけてみても飛ばずに早歩きで逃げるだけです。図太いです。常に食べ物を狙っているので少しでも食べ物を与えたら一気に集まってきます。

鯉・錦鯉(いつでもOK)

神池と祓戸神社に鯉がいます。錦鯉も混ざってます。神池の方が圧倒的に数が多いです。池の縁に立つと、餌を求めて集まってきます。売店で鯉の餌を売っています。パンを持参して餌やりを楽しむ人たちもいます。

亀(いつでもOK)

神池にいます。池の中に岩がいくつかあるのですが、その岩の上でのんびりしていますね。祓戸神社の池では見かけません。日当たりが悪いからかな?

サギ(レア)

池の魚を狙って時々サギが来ています。白くてすらっとしていて、かっこいいです。

鹿(いつでもOK)

shinrokuen

神池を抜けて右の方に神鹿園があります。鹿さんがたくさんいます。鹿さん。そう、神鹿園の鹿は鹿さんなのです。

時期によって立派な角があったりなかったり。

いつでも獣のにおいがします。(つわりの時期は近づけませんでした)

売店で鹿さんの餌(おせんべい)も売っています。大好物なのでめちゃくちゃ寄ってきます。

時々農家らしき方々が野菜を持ってきています。地元の子供達もパンとか乾麺とか野菜とか持参して食べさせています。そんなこんなで食べ物に恵まれているため、殖える殖える…。1919年に雄雌8頭を奈良の春日大社より譲り受けたそうですが、ぱっと数えて40頭以上はいらっしゃいましたわ。

秋の時期は繁殖期らしく、ピーーーーーと高い声で鳴いています。

春は子鹿に会えるかも!

鹿さんにはいつでも会えるけど、雨の日はほとんど小屋の中にいると思います。

烏骨鶏(昼間限定)

神鹿園でひっそりと暮らしている烏骨鶏が3羽ほど。白くてふわふわな見た目です。

写真にもちょこっと映り込んでますね。

暗くなると奥の小屋に入ってしまうので見られません。

猫(いつでもOK)

三嶋大社の境内や周辺には猫が多いです。捨て猫や野良猫が住み着いているのだそうです。居心地が良いのでしょうね。この猫たちは警戒心強めです。近づくとすぐに逃げてしまいます。

カワセミ(レア)

池周りで見られるかも。葉っぱが落ちている冬の時期が探しやすいと思います。

カワセミの探し方について詳しく書いた記事はこちら

蝉(夏限定)

夏の時期は大量に蝉がいます。クマゼミだと思います。ぶんぶん飛び回ってはいませんが鳴き声がすごいです。

蝉の抜け殻もたくさん見つけられますよ。タイミングが良ければ蝉の羽化に立ち会えるかもしれません。

まとめ

三嶋大社で会える生き物についてまとめてみました。サギとカワセミ以外はいつでも会えるはずなので、参拝の機会があればチェックしてみてくださいね~。

観光
スポンサーリンク
monaka雑記帳